子どもの健康に関する疑問にさちこ先生が答えます!

RSウイルス感染症の流行の兆しがあります! 1歳未満のお子さんは特に気をつけて!
 
7月ごろから文京区内でRSウイルス感染症が流行しています。従来は、冬に流行のピークを迎える、寒い時期の感染症でしたが、2年前くらいからは、夏から秋に流行がみられるようになりました。今年もすでに、「保育園のクラスで半分以上がかかった」などと耳にします。RS(respiratory syncytial)ウイルスによる感染症の特徴は、6か月未満の乳児や早産児、心臓や肺など持病がある乳幼児では、重症化するリスクがあることです。2歳くらいまでにほとんどのお子さんが感染します。年長児や大人も再感染しますが、普通のかぜ症状ですむことが多く、その存在や恐さが意外に知られていません。

RSウイルスに感染すると、2〜5日の潜伏期を経て、咳や鼻水、くしゃみ、発熱など、最初は普通のかぜ症状が出ます。初めてRSウイルスにかかる乳幼児では、症状が進行し、気管支炎や細気管支炎を起こすことがあります。高熱が続く、ひどい咳、息がゼイゼイする、呼吸が早い、哺乳ができないなどの症状が現れ、ひどい時は入院が必要になります。さらに、月齢が低いお子さんや早産のお子さんなどでは、呼吸困難や無呼吸をおこすこともあります。ウイルスの特効薬はなく、治療は症状をやわらげる対症療法として、吸入や内服、水分補給や点滴、酸素吸入などをして、自然に治るのを待ちます。治るまでに1〜2週間かかることが多く、また治ったあとも、かぜをひくたびにゼイゼイするなどの症状をおこすことがあります。
インフルエンザのように感染力が高く治療法がないので、予防と早期診断が重要です。RSウイルス感染がはやったら、月齢の低いお子さんは特に気を付けてかぜの方に接触しないようにしてくださいね。感染は、咳などを介する飛沫感染と、鼻汁や唾液などを介する接触感染によります。早産などで一定の基準を満たす赤ちゃんは、RSウイルス抗体の注射を受けることができます。流行時に赤ちゃんに疑わしい症状が認められた時は、迅速検査で診断することができますので、早めに医療機関を受診するとよいでしょう。
 
きたなかこども成長クリニック 北中幸子