「霜柱を踏むような天ぷら」がモットー、天ぷら割烹の老舗

天ぷら天庄 湯島店本館

店主
綱島 克年 さん

綱島 克年さん

 

—天ぷらを揚げる時の心得はどういうことですか。 
綱島さん おやじさん(義父・2代目)からよく言われていたのは、「霜柱を踏むような天ぷらを」。霜柱を踏む音はサクッと言うじゃないですか。ああいう音がする天ぷらを揚げるんです。そのために油の温度管理と揚げるタイミングが非常に大事です。素材と衣と油の全てが重要なんですよ。それから、「いいものを安く」を心掛け、毎朝築地から仕入れており、コースで5,000円前後になるようにしています。 
—明治42年の創業以来変わらないものは。 
綱島さん 本店は上野広小路で、湯島店の歴史は約50年です。親子3代の常連さんや関東近県からの予約のお客様、また海外からのお客様への接待にもよく使われます。時代に合わせて昔よりはあっさりしていますが、ずっと変わらず江戸前の味を守っています。代替りしてからもお客様がついてきてくださると、「おやじさんの天ぷら」と認知してくれたのかなって思います。先代の頃の常連だったお客様から、「何十年ぶりだけど、昔と変わらない味だなぁ」と声をかけていただき嬉しかったですね。 

 
 
 
 

—最後に「梅まつり」の頃にオススメの天ぷらは。 
綱島さん 2〜3月が食べごろの白魚の天ぷらです。1本揚げにしたのを10匹ほどお出ししますよ。他には、タラノメ・フキノトウ・コシアブラの3種類の山菜天ぷらも、この時期の旬です。梅まつりは受験期とも重なって1年で一番お客様が多い時期なので、予約された方が確実です。
 
てんぷら天庄 湯島店本館
〒113-0034 東京都文京区湯島2-26-9
TEL.03-3831-6571
営業時間11:30〜14:00、
    17:00〜21:00 
火曜定休、年末年始