シリーズ「郵便局長さん、こんにちは」 本郷一郵便局

古き良き本郷の文教地区ですが、下町のような親近感もあるところ。しっかりと地域に根ざした郵便局を目指しています

局長
垣沢 浩一 さん

垣沢局長

 
 

壱岐坂通りの壱岐坂交番前の信号そば、東洋学園大学の向かいにあるのが本郷一郵便局です。取材に訪れると、穏やかな笑顔の垣沢局長が出迎えてくださいました。
—営業テリトリーを教えてください。
垣沢 : 本郷一丁目周辺や本郷二丁目の大横丁商店街辺りです。この地域には東洋学園大学、昭和第一高校、桜陰学園など学校も多いので、学生の方がATMなどを利用することも多いようです。
—局長として、どんな郵便局を目指していますか?
垣沢 : 私はこの郵便局に赴任して十年。本郷弓一町会のお手伝いもして、お祭りやバスレクリエーションにも必ず参加していており、自分自身が住民のような気持ちでこの地に関わっているつもりです。この地域が大好きなので、ここに根付いた郵便局、地域の皆様に愛される存在でありたいですね。
—仕事のモットーを教えてください。
垣沢 : まず、「お客さま第一」です。そして、そのためには、「社員第一」であることも大事。社員のおかげで郵便局の仕事が成り立っている、社員が快適にやりがいを持って仕事ができてこそ、本当にお客さまに満足していただける郵便局になるのですから。実は私、社員の誕生日には自腹でケーキをプレゼントするのが恒例なんです。社員を大事にしたいという気持ちで。しかし、社員の接客などに気にかかることがあると、厳しく注意するのも私の一面。お客さまとの信頼関係を大切にすることは私だけでなく局全体のモットーといってもいいでしょう。

本郷一郵便局

 

全国各地の郵便局にある「ご当地フォルムカード」、イラストも素敵です

 

●自らの全国で買い求めるご当地ポストカード
—おすすめの商品などがあればご紹介してください。
垣沢 : 全国各地の郵便局にある「ご当地フォルムカード」です。これはその土地の特徴的な場所や食べ物などのイラストをその形のままポストカードにしたもの。たとえば、東京ですと、東京駅、浅草、江戸前寿司、上野動物園など。私は車で全国を旅するのが好きなので、あちこち訪ねてはご当地の郵便局でこのポストカードを買い求めます。
もうひとつ、赤い郵便ポストの形をした「ポスト型はがき」。日本中には約二万四千の郵便局がありますが、それぞれの郵便局の名称が入ったこのはがきは、そこにしかないので貴重です。当局で販売しているポスト型はがきには「本郷一郵便局」と入っています。旅行好きの私は、これも旅先で現地のものを購入してプレゼントにも活用しています。先日も、浜松さんに浜松郵便局のもの、橋本さんに橋本郵便局のものをプレゼントしてたいへん喜ばれました。
—では、地域の皆さんにメッセージをお願いします。
垣沢 : これからも町会活動にも積極的に参加していきますので、ぜひ郵便局をお気軽にご利用ください。
 
<本郷一郵便局>
〒113-0033 
東京都文京区本郷1-27-8 本郷ハウスB101
TEL. 03-3812-9792
FAX. 03-5684-2657
 
<局長さんのオフタイム>
この地域では愛称「カッキー」と呼ばれ、別名「八時半からの男」という存在。郵便局の行事や町会などの宴会で、八時半になるとカッキーのコーナーが設けられ、リクエストに応えて芸を披露するから。「頼まれると断れないんです。皆さんの喜ぶ顔が見られるならやろうって思って」と言う、愛されキャラの局長です。