花柳界の面影残す、湯島の老舗日本料理店

すきうどん満川

代表
高橋 正和 さん

高橋 正和さん

 

四季折々の素材、うどんがメインの本格会席コース

 

料亭の佇まいを残す落ち着きのある店内

 

—創業当時は料亭だったのですね。
高橋さん 昭和22年に母と祖母がはじめました。屋号の「満川」の由来は、母の名前(満枝さん)と、祖母の出身地の深川(東京都江東区)からです。しばらくは景気が良かったのですが、だんだん花柳界も衰退したので、49年に現在のうどんすきの会席料理店へと業態が変わりました。建物や庭には料亭時代の佇まいが残っております。
—なぜ、すきうどんの専門店にされたのですか。
高橋さん 関西のお客様から、薦められたのがきっかけです。「東京ではあまり見かけない、すきうどん中心の日本料理店にしてみたら?」と。最初は他店の板長を招き入れておりましたが、一念発起して30歳で大阪に引っ越し、新町の料亭で修業をしました。東京に戻ってからも、都内の加賀料理のお店で会席料理について勉強し、35歳で引き継ぎました。
当店のすきうどんは、昆布と鰹節でとった出汁に薄口醤油を加えた関西風の味付けです。魚介類や季節の野菜、肉を彩りとバランスよく組み合わせ、うどんは煮崩れないように太麺にしております。

 
 

ひっそりと佇む風情漂う外観

  

—今はすきうどんが中心の会席料理が主ですね。
高橋さん 会席料理のコースは和食が中心ですが、アクセントとして洋皿も1品入れております。例えば今月は「鱸(スズキ)と茄子のトマトソース」です。「暑い時期にうどんの鍋はちょっと……」と感じるお客様には、冷たい稲庭うどんのコースも用意しております。
これからも細く長く…うどんは太いですが(笑)、続けていけたらと思います。こだわりがあるとしたら、旬のものをできるだけリーズナブルに美味しく提供していくことです。
 
すきうどん満川(みつかわ)  
〒113-0034 
東京都文京区湯島2-26-1
TEL. 03-3831-5018
HP http://www1.tcncatv.ne.jp/mitsukawa/
営業時間 17:30〜22:00
     (L.O. 21:00) 
定 休 日 土日祝