創業明治42年。「小倉アイス」は湯島で生まれた。

甘味処みつばち

店主
嶋田 有子 さん

嶋田有子さん

 

眺めているだけで楽しくなる、ショーウインドー

 

—「小倉アイス」誕生秘話を教えてください。
嶋田さん 大正4年に、偶然から生まれました。当時は氷業だったので、夏にはかき氷も販売していました。その年は冷夏で、小豆(かき氷用)が結構売れ残り、もったいなく思った曽祖父母が、アイスクリーム製造機に小豆を保存しました。翌日に蓋を開けたらたまたま氷小豆になったのを見て、試行錯誤したのが「小倉アイス」です。北海道産の大納言小豆を贅沢に使い、砂糖や塩・水を加えた自家製です。
—近くのお屋敷の岩崎小弥太さん(※1)も、お客様だった伺いましたが
嶋田さん 明治末期ごろ、曽祖母がリヤカーで氷を運んでいる最中に、天神下交差点近くで、三菱の方の馬車と接触しました。その件がきっかけで、岩崎小弥太様が当店の氷あずきを召し上がり、ご自宅に氷を入れるよう料理長に命令し、お得意様になり商売が繁盛し始めました。その後に発売した「小倉アイス」も好まれたそうです。
—「小倉あんみつ」も、昭和初期以来のロングセラーですね。
嶋田さん 当時は「小倉アイス」に黒蜜をかけ、豆や寒天を加えたシンプルなあんみつでした。昭和30年代からみかんなど果物が増え、求肥や手作りのこしあんも加わりました。黒蜜は沖縄産の黒糖の塊を溶かした濃厚なもので、お店では好きなだけかけられます。
 これからは桜のシーズンですので、桜の塩漬けが入った「桜あんみつ」を販売しております。桜の香りや塩加減、こしあんの甘さとのバランスを味わってください。
※1……三菱財閥の4代目総帥

 

北海道産の大納言小豆を贅沢に使用した小倉あんみつ

 

元祖 小倉アイス100年の味

  

甘味処 みつばち 
〒113-0034 東京都文京区湯島3-38-10
TEL. 03-3831-3083 FAX. 03-3605-8400
HP  https://www.mitsubachi-co.com
営業時間  [平日(3〜10月)・土日祝]
売店 10:00〜21:00 
喫茶 10:30〜20:00
[平日(11〜2月)]
売店 11:00〜21:00 
喫茶 11:00〜20:00
定休日 年中無休(臨時休業あり)